保存修理

保存修理

文化財建造物修理技術公開セミナー実施要項

1 趣旨

文化財建造物の保存修理に関する基本的知識及び具体的事例に関するセミナーを開催し、保存修理事業や修理技術者の役割に対する関心と理解を深め、もってわが国の文化財建造物修理技術者の後継者養成確保に資する。

2 主催

公益財団法人 文化財建造物保存技術協会

3 開催日程

大阪及び東京の2会場で各2日間実施する。 
大阪会場:平成30年11月15日(木)~16日(金)
東京会場:平成30年12月6日(木)~ 7日(金)

4 会  場

大阪会場:CIVI 研修センター新大阪東E703(大阪市東淀川区東中島1-19-4)
東京会場:東京国立博物館黒田記念館セミナー室(東京都台東区上野公園13 − 9)

5 講習の内容

別紙カリキュラム・日程表のとおり

6 受 講 者

下記の受講資格のいずれかに該当する者とする。

  1. 建築学を専攻する大学生及び大学院生
  2. 国宝・重要文化財建造物保存修理に従事する技術者(現場代理人)
  3. 地方指定等の文化財建造物保存修理設計監理を担当する技術者
  4. その他、理事長が特に必要と認めた者

7 受講者の申し込みと決定

受講の申し込みは、実施細目による。
受講申し込み多数の場合は、書類選考により受講者を決定する。

8 そ の 他

  1. 受講者の旅費、滞在費等は受講者の負担とする。
  2. セミナー開催に要する経費は主催者が負担する。
  3. その他の詳細については、後日、受講者に配布する「公開セミナー受講案内」を参照すること。